www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from A.Kazumi. Make your own badge here.
August 2019
M T W T F S S
« Dec    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

imkazumi.com now features
beautiful and practical
desktop wallpapers.
Get the free download now!

  • Art
  • Bay Area
  • Cafe
  • Cooking
  • Culture
  • German
  • Good Stuff
  • Health
  • Japanese
  • Movie
  • Music
  • News
  • Peace
  • Photography
  • San Francisco
  • Shasta
  • Site News
  • Traveling
  • Work

  • “Words For Peace” ー 世界を羽ばたくの巻

    9日にFresno入り。朝から晩まで美術館に缶詰状態で、インストレーションの作業に徹し、14日に開催されたオープニングレセプション前夜、ぎりぎりでなんとか展示完了。

    前回のCanessa Galleryのおよそ10倍のスペースということもあり、デザインも変更して、作品を繋げる作業も0からやり直した。

    世界32カ国から寄せられた作品は、総勢約1200点。

    正直、気が遠くなる様な作業だった。

    が、大勢の人によって送られてきた平和へのメッセージを、この手でひとつひとつ繋ぎあわせながら、その願いを千羽鶴に託し、鶴が一斉に羽ばたいたその瞬間、言葉で表現できない程の感動がこみ上げる。

    レセプション当日には、サンフランシスコから遠路はるばる、友人が駆けつけてくれた。相方も、この日は会社を休んで車を飛ばしてきてくれた。そして、まるで自分の子供の発表会に参列した父兄の如く、ビデオ撮影に夢中になっていた。

    生演奏で演出された空間では、大勢の招待客とアーティスト、そして美術館の職員の人々で賑わった。

    そんな和やかな雰囲気に包まれ、幸せな時間を過ごし、ふと思う。

    一体どれだけの大勢の人に、この”Words for Peace”の声は、届くのだろうか。

    そんな事を考えながら、 折り鶴を手伝ってくれた友人Yの言葉が蘇る。

    「このプロジェクトのゴールは何ですか?」

    2003年に、カリグラファーThomas Ingmire氏の呼びかけで始まった”Words for Peace”。 ひょんなきっかけで、お手伝いする事になった私もThomasも、当時は、確固たるゴールを掲げることはなかった。そして、数年の年月が経った今、そのゴールを問われて立ち止まる。一体何が変わったんだろう?

    戦争もテロもなくならない。

    それでも平和を願う人々の声は、増え続けた。そして、プロジェクトは思いも寄らぬ方向に導かれ、その後も、大勢の人々に支えながら、想像だにしなかった進化をとげる。

    だからこそ、私がこの”Words for Peace”に関わり続けることは、自己満足でも、全く意味のないことでもないと信じたい。

    1200のそれぞれの作品を創作するのに費やされた 、Peacefulな時間

    もくもくと、鶴を折り続けてくれた友人が過ごした、穏やかな時間

    前回のGalleryでの展示会で、 音楽や映像を担当したアーティストやクリエイターが費やした、創造的な時間

    そして、これまでに各地で開催された、”Words for Peace”の展示会や、Webサイトに訪れた人が、そこで過ごした時間

    その後「平和であり続けるために、自分は何ができるのか、どうすればいいのか。」と考えた時間や、友人に語られた時間

    そんなすべての貴重な時間を受け止めて、 ギャラリーや美術館の人達のサポートの下、私達が作業に徹した時間

    その間に、人々の心に刻まれたもの、頭の中に満たされたことを行動に移す人が世の中に増え続けることを私は願う。

    きれいごとに聞こえるかもしれない。でも、忘れてはならない大切な事だと思う。

    私の名前、「和美」って、昭和の和じゃなくって、平和の和。 平和のハーモニーをずっと発信し続けていきたい。

    だから、私は、平和に賛成。もう一度、いや、何度でも言おう。私は平和に大賛成。

    このプロジェクトのゴールが、何を意味するのか、正直私には、まだわからない。でも、”Words for Peace”のメッセージが、より多くの人に届く様、心より願う。ただそれだけ。

    Fresno Art Museumでの展示は、来年3月2日までです。近くにお越しの際には、是非お立ち寄り下さい。

    展示の模様は“Words for Peace”オフィシャルサイトにアップしました。

    最後に、老体に鞭を打ちながらも、インストレーションを無事完了した喜びを、身体全体で表現したチームTAKの写真♪

    誰だかわかんねーーーっ!(笑)

    真ん中:我らがボス T
    右:陰の司令塔 A
    左:写真からはみでとるがな!な、K

    PS. 前回に引き続き、折り鶴を手伝ってくれたみなさん、ありがとう♪ こんな遠くまで、羽ばたいてきちゃいましたよー。

    PEACE

    10 Responses to ““Words For Peace” ー 世界を羽ばたくの巻”

    1. ゆらら says:

      おつかれさまーー!Fresnoでのインステレーションも完成して、遂に展示会もオープン!!!おめでとう♪♪
      10倍の広さの会場での展示は、かなりの迫力&インパクトがあるって聞きました♪あぁーー私も見に行きたいぃぃ〜。

    2. michiko says:

      作品もさることながら、光の塩梅と映る影が凄く綺麗。
      沢山の人のエネルギーは必ず。何かを生み出すと思います。
      人の生み出す、何かを望む願う、エネルギーは計り知れませんからね?
      お疲れ様でした。
      遠くからですが、いっぱいの拍手を贈ります。

    3. Kazumi says:

      ゆららへ:
      じゃー、次回はバンクーバーに飛んじゃおーかなー。なーんて♪せめて、peacefulなエネルギーだけでも、飛ばしておきます;-) ゆららのベイビーもいよいよだね。待ち遠しいよ。

    4. Kazumi says:

      michikoちゃんへ:
      そうなのよ。陰が、またかなり幻想的な空間を創りだして、いい感じです。今回は、トンネルをくぐれる様になっているので、すっとその世界に入り込んで、いろんな角度から言葉のシャワーを浴びれるのが、私は好きかな。

    5. mine says:

      頑張ったねぇ〜 おつかれさま。
      達成感というか、何と言うか、、
      こっちまで、鳥肌発つ思いです。

      エネルギー使った分、エネルギー貰って
      今後も頑張ってください!!!

    6. ゆ~ゆ says:

      かずみちゃん、文章見て、写真見て、泣きそうになった。感動したよ。絶対、子供たち連れて見に行きます。ありがとう。

    7. ayacoco says:

      鶴を折りながらの穏やかなひと時、忘れないよ。皆の想いを形にしてくれてありがとう!peaceのエネルギー広がってるよ。

      私も平和に大賛成!

    8. Kazumi says:

      ゆ〜ゆさんへ:
      お子様には是非お薦めです。特に、ゆ〜ゆさんとこ、みんな、感性の強いですもんねー。いろんなインスピレーションが降りてくるかも?また、感想も聞かせて下さい。Have a safe trip and happy holidays!

    9. Kazumi says:

      ayacocoちゃんへ:
      「戦争、はんたーい」ってのより、「平和、大さんせーい!」っての方が、なんか良くない!?折り鶴、クリスマスツリーにつけちゃおうっかなー。遠路はるばるFresnoまで来てくれてありがとう。そして、折り鶴隊、お疲れさまでした!

    10. Kazumi says:

      mineちゃんへ:
      ありがとう♪ みねちゃんも、今月が一番エネルギーの消費量が多い月だよね!?

      なるほど。どんな事でも燃焼するまで頑張れば、きっと、自分に戻ってくる良いエネルギーもでかいかもねー。私もたっぷり充電してまた来年から頑張ろう!

    Leave a Reply

    :D :-) :( :o 8O :? 8) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :wink: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen:
    © 2003-2009 Kazumi Atsuta. All rights reserved.