www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from A.Kazumi. Make your own badge here.
July 2019
M T W T F S S
« Dec    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

imkazumi.com now features
beautiful and practical
desktop wallpapers.
Get the free download now!

  • Art
  • Bay Area
  • Cafe
  • Cooking
  • Culture
  • German
  • Good Stuff
  • Health
  • Japanese
  • Movie
  • Music
  • News
  • Peace
  • Photography
  • San Francisco
  • Shasta
  • Site News
  • Traveling
  • Work

  • 祝☆ビッグバースデー in エサレン

    dsc_6875

    既に、先月の事ですが・・・

    つーいーにっ! 大台に乗りましたぁ☆

    人生もいよいよ折り返し地点に近づいた感じですね・・・。

    若い頃の様に、ゴールをめざして、ただ、がむしゃらに突っ走るってのも、正直、体力的にもキツイ年になってきたので、これから先は、どーーーーんと構えて、流れに逆らわず、今までのいろんな体験を熟成させながら、じわりじわりと旨味の増す人生をすごしたいもんです。 :roll:

    そんなわけで。

    ビッグバースデーのお祝いは、モチロン、家族水入らずで♪

    ではなくっ  :!:

    Lukeを相方に託し、2泊3日で、熟女二人旅にいってきました☆

    旅のお供、ayacoco号が向かったのは、長年思い描けど、近くて遠く感じた憧れの地、カリフォルニアのビッグサーにあるエサレン研究所。

    古くはネイティブアメリカンの聖地だったそうですが、それもそのはず、太平洋を臨む断崖絶壁に温泉が沸き、背後にはレッドウッドの森。自然のエネルギーに満ちあふれた絶好のロケーションにあります。

    1960年代に、アメリカでおこったヒューマン・ポテンシャルムーブメントの中心地となったこの研修センターは、西洋と東洋の合流、古代と現代、科学と宗教、学問と芸術の統合を教育原理に、ボディー・マインド・スピリットを統合的に探求するセンターとして、現在も、さまざまなワークショップが行われ、全米をはじめ、世界中の人々が集まってきます。

    そして、今回、初エサレンの私は、フォーティーのビッグバースデーを迎える準備として、Experience Esalenというワークショップに参加ました。 :wink:

    センサリー・アウェアネスのソマティックボディーワーク、ゲシュタルト療法のプラクティス等、すべてが初めてでしたが、ペアワークや、グループワークを通して、時間(今)空間(ここ)の中で、呼吸を通じて体と心に耳を傾けることで、あるがままの自分の内面を深くみつめることをリアルに体感☆

    休憩時間には、ロッジに行って、エサレンのガーデンで育った有機野菜で作られた美味しい食事を味わいながら、テーブルを同席した人達との語らいを楽しんだり、エサレンの敷地内を探索したり、波の音を聞きながら瞑想したりと、それぞれ思い思いの時間をまったり過ごしました。

    dsc_69001

    海に向かって流れる滝の音が心地よく響く、瞑想ルーム。

    dsc_69741

    24時間オープンのロッジ。夜も、火を囲んで語らう人や、ギターの弾き語りをする人で集う。

    dsc_6901

    海岸へアクセスする小道。

    dsc_6911

    岩に横たわり、自然と一体となって、瞑想をしているひともちらりほらり。

    dsc_6914

    この時期、海外沿いでニョキニョキ生えてる、花。(名前がわからない・・・)

    dsc_6949

    カリフォルニアポピーが満開だったフラワーガーデン

    dsc_6950

    ヨガやダンスのクラスが行われる円形のヤート

    dsc_6954

    いろいろな芸術が産み出されるアートバーン

    dsc_6970

    夜は温泉にゆっくりつかって、お月様を眺めながら、ワークショップのおさらい。

    その後も、ロッジに立ち寄って、偶然出会った日本人の旅人と、夜な夜な話をしたり。

    フィナーレには、波の音を聞きながら、ベッドに横たわり、エサレンマッサージを受け、心地よい手技に、身も心もとろけそうな状態で、ウトウトと至福の一時。 そして、目覚めると、また再び温泉へ・・・。

    ゆっくり体の内側から、ふつふつと発酵されて元気になっていくのを感じながら、それはそれは濃厚な週末でした♪

    dsc_69731

    エサレンは、この豊かな自然がある他、なんにもない所ですが、、、私が求めるものは、すべてがそこにあり、内面の『気づき』が活性化する、ものすごいエネルギーとつながれる場所でした。

    最終日に迎えたバースデーには、ワークショップの先生から、サプライズで、バースデーケーキが用意され、この日60歳のバースデーを迎えた仲間と一緒に、みんなにお祝いしてもらいました♪

    西海岸で広がった、ホリスティック医学の源流のひとつとなったエサレン研究所で行われているクラスは多様で、ヨガや太極拳などの東洋的な身体アプローチを始め、ソマティックス・ボディワーク、トランスパーソナル心理学、コミュニケーション、シャーマニズム、アート、音楽、ダンス、エコロジー等、様々な分野に広がります。

    そのどれもが、人間の五感に最大限に働きかけるアプローチで、すごく興味深いものばかり。

    今回、実は、第一希望だった、サステナビリティ研究のインプロビゼーショナルクッキングのワークショップは、残念ながら定員オーバーで受けれなかったのですが、食と体、ボディーワークは、やはり一番気になるテーマなので、またの機会に是非受けてみたいです。

    ちなみに、ここエサレンは、プリスクールもあるので、セミナーの受講中は、子供も預けられます。

    dsc_6919

    dsc_6924

    dsc_6926

    dsc_6937

    なんだか、海岸沿いにある、森の学校風。林間学校みたいで、楽しそう♪

    そんなわけで、もうちょっとLukeが大きくなったら、一緒に連れてくるのもいいなぁーと、またまた夢を膨らませながら、40代のスタートをきった私でした。 :lol:

    子育て真っ最中の母も、やっぱり、自分を感じる時間って大切ですね。

    本当に、最高のプレゼントでした♪

    心良く送り出してくれた我が家のBOYSと、こんなスペシャルな一時を一緒に過ごしてくれた友人に感謝です☆

    6 Responses to “祝☆ビッグバースデー in エサレン”

    1. うまかめら says:

      お久しぶりです!

      久々にmixiを覗いてブログへアクセスしました!
      いい場所ですね!!

      やっぱりアメリカは憧れます(^^♪

    2. ゆらら says:

      ついにエサレン!いいねえ♪エサレンでお誕生日、本当に最高のプレゼントになったね☆様々な体験&癒しのマッサージなどなど盛りだくさんな2泊だったんだねぇ。また色んな話をきかせてください〜。
      おめでとう :D

    3. kazumi says:

      ゆららへ

      そうそう、ついに!念願のエサレンだったよー。なんだか、また新しい扉が開いた感じだったわー。そして、現実の日々ぃ〜〜なんだけどね。(笑)また、近いうちに、キャッチアップしよう。

    4. hana says:

      お誕生日おめでとうございます~★自然のエネルギーが詰まったエサレン研究所にエサレンワークショップ、ひじょうーに興味深いですね。メモメモっ!私もLAに来てから自然パワーを感じる場所に惹かれて不思議ですけど・・今の勉強が終わったらエサレン勉強してみたい・・!そして今年こそSFに行きますのでどうぞよろしくお願いします★★

    5. kazumi says:

      うまかめらさんへ:

      お久しぶりです。お元気ですか? 日本で、写真の仕事、がんばってますか? アメリカっていっても、広いですけど、カリフォルニアは面白いですよ。

    6. kazumi says:

      hanaへ:

      ありがとう☆ 私もね、、、もうちょっと自分の時間ができたら、またエサレンのワークショップとりたいと思ったよ。マッサージの学校はどう??? エサレンのマッサージも、すごいよー。早く会えるの、楽しみにしています。

    Leave a Reply

    :D :-) :( :o 8O :? 8) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :wink: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen:
    © 2003-2009 Kazumi Atsuta. All rights reserved.